遺品整理は時間がかかる

遺品整理をはじめるには

叔父の遺品整理の事。持ち物系は早めに片付いたが、土地はまだ処分しきれていない。

遺品整理は時間がかかる

叔父が亡くなった時の事です。

叔父は結婚していなく祖母と2人暮らしだった為、叔父が亡くなった時の遺品整理は姉であった母と私がほとんどやりました。

祖母は身体が不自由だったので、しばらくの間福祉施設に急遽入ってもらい、落ち着くまでは本当に大変でした。

住居も住み続ける事が出来ないので売る事になり、それまでの家の中の処分に毎日母と通っておりました。

形見になるものはほとんど無く、衣類等は弟へ送る形となり、本当の所は私達は着ないしいらなかったのですが、いらない物をどんどん弟へ送るのも何だかなとは思いましたが良しとします。

持ち物の遺品整理は終わったのですが、一番大変なのが土地です。

住まいとしていた家は売る事が出来て一安心でしたが、もう一つ土地があり、そこは山手の為誰も買わないだろうと言う事で、今でも税金を払う日々が続いています。

山手の挙句廃屋と化した家もついているので、家をつぶせば土地だけでもいる方がいるのかもしれないと思うのですが、家をつぶすだけの資金もありません。

いまだ困った状態です。

祖母が生きている内にすっきり出来れば良いのですが、まだそこまでは出来ないでいます。

そこの土地自体は本当に良い場所なだけに交通の便さえ良ければなと残念です。

私の代に回ってくる前になんとかしなければと模索中です。